卵管内人工授精

不妊治療の経緯

・初潮から生理不順で20歳の時に多嚢胞性卵巣症候群と診断。
・7年ほど低用量ピルを服用。
・2017年8月に入籍し、2018年12月より不妊治療を開始。
・約1年半の不妊治療を経て、三度目の人工授精にて2020年7月に妊娠。
このブログでは、妊娠する迄に取り組んだことや葛藤を残していきたいと思います。

こんにちは、みっちょんです。

本日は卵管内人工授精についてお話ししたいと思います。

女性
女性

卵管内人工授精って何ですか?

通常の人工授精は子宮内に精子を注入しますが、卵管内人工授精は卵管内へ精子を注入する方法です。

私は人工授精を3回行ったのですが、医療費控除の準備で領収書を整理している中で3回目の人工授精が卵管内人工授精であったことを知りました。

確かに1~2回目と比べて3回目の時は卵管通水検査の時のような痛みがあったので「子宮の奥まで入れてくれたのか?」程度に思っていました💦

本日の記事はこれから人工授精へステップアップを検討している方や、卵管内人工授精に興味のある方に読んで頂ければと思います。

人工授精の種類

・頸管内人工授精
・子宮内人工授精
・卵管内人工授精

一般的に人工授精といえば子宮内人工授精ですが、原因不明不妊で子宮内人工授精で妊娠しない場合に卵管内人工授精を用いることがあるそうです。頚管内人工授精は子宮の入り口が狭くカテーテルが入らない場合に用いられていますが妊娠率が低い為あまり一般的ではないそうです。

以下に性交渉・シリンジ法、子宮内人工授精、卵管内人工授精の3つを画像で比較しました。

卵管内人工授精とは

上記の画像の通り、子宮頚部をバルーンで固定しカテーテルを子宮内へ挿入します。通常の10倍程度の精子混濁液(培養液に精子を入れたもの)をカテーテルより注入することで子宮内に充満した培養液によって圧がかかり培養液中の精子が卵管に入りやすくする方法です。精子が卵管の端まで高い確率で到達できるのがメリットです。

子宮内人工授精と卵管内人工授精を比較した場合、論文によると有意差はないそうですが、原因不明不妊においては卵管内人工授精の方が有用性が高いことが報告されています

卵管内人工授精が有効なケース

卵管内人工授精が向いていると言われるのは以下のケースです。

・通常のAIHで結果が出ない方
・精子の濃度や運動率が低い方
・卵管内が狭いことが疑われる方

みっちょんのAIH3回分の排卵誘発方法・結果

<AIH1回目>
●2020年4月~
●ショウキT-1:朝一に一包開始

【治療内容】
★子宮内人工授精
D4~D8:レトロゾール2錠
D16:ゴナールエフ注射(75単位)
D20:HMG注射
D21:AIH①、HMG注射、HCG注射
ルトラールをH3から生理まで服用。
【治療結果】
D16時点:卵胞10mm(複数)、内膜3.8mm
D20時点:卵胞19mm(1個)、内膜6.8mm
D21時点:卵胞20mm(1個)、内膜6mm
D23排卵したが、生理が2週間後に来た。

<AIH2回目>
●2020年5月~
●ショウキT-1:朝一・寝る前に一包ずつ

【治療内容】
★子宮内人工授精
D3~D8:レトロゾール2錠
D10:卵管通水検査
D10、D13:ゴナールエフ注射(75単位)
D16:ゴナールエフ注射(75単位)、HMG注射
D17:AIH②、HMG注射、オビドレル注射
ルトラールをH3から生理まで服用。
【治療結果】
D16時点:卵胞19.5mm(1個)、内膜8.5mm
D17時点:卵胞22mm(1個)、内膜8.6mm
D18に排卵したが、生理が2週間後に来た。
初めての卵管通水検査の結果、問題なし

<AIH3回目>
●2020年6月~
●ショウキT-1:朝一・寝る前に一包ずつ

【治療内容】
★卵管内人工授精
D2~D6:レトロゾール2錠
D7、D9、D12:ゴナールエフ注射(75単位)
D15:AIH③、HMG注射、オビドレル注射
ルトラールをH3から妊娠するまで
D18、D30、D37、D49:プロゲステロン注射
【治療結果】
D12時点:卵胞20mm(1個)16~17mm(2個)、内膜8.5mm
D15時点:卵胞26mm(1個)、内膜8.9mm
D15の夜に排卵。D18時点:内膜9.5mm
H12に陽性

みっちょんにおける考察

クリニックへの通院を始めてから長年の無排卵を経て、タイミング法9回、AIH3回を実施しAIH3回目の卵管内人工授精にて妊娠することができました。

AIH1回目は卵胞が20mm、2回目では22mmでAIHを実施していますが、3回目のAIHは仕事の都合で通院ができず卵胞26mmでAIHを実施し当日に排卵しました。
恐らく、排卵間近だった為、精子が卵管の端まで早く到達するように卵管内人工授精を実施したのだと思います。
金額は私のクリニックでは子宮内人工授精より3千円程高かったです。

子宮内人工授精との有意差はあまり無いと言われていますが、タイミング法や通常のAIHでなかなか結果が出ない方、卵管が狭い方は治療の選択肢の一つに入れて頂いても良いのかなと思います。

人工授精時の精液検査の結果は以下の記事で紹介しています。

その他に体質改善に取り組んだことは以下の記事で紹介しています。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の私が排卵した方法
~私のおすすめTOP3~
卵胞が育たない、排卵まで時間がかかる、基礎体温がガタガタで悩んでいる。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の方で上記のようなお悩みを持っている方はいらっしゃいますか?私が不妊治療を始めて一番悩んでいていたことは排卵ができないことでした。基礎体温もガタガタで、排卵ができるようになってからも低温期が長く、高温期が短いことに悩んでいました。多嚢胞性卵巣症候群の私が排卵するためにおこなったことのおすすめTOP3をご紹介します。


タイトルとURLをコピーしました