体質改善に取り組んだ事①
~初めて成長した卵胞に出会う~

体質改善

・初潮から生理不順で20歳の時に多嚢胞性卵巣症候群と診断。
・7年ほど低用量ピルを服用。
・2017年8月に入籍し、2018年12月より不妊治療を開始。
・約1年半の不妊治療を経て、三度目の人工授精にて2020年7月に妊娠。
このブログでは、妊娠する迄に取り組んだことや葛藤を残していきたいと思います。

こんにちは、みっちょんです。

毎日暑い日が続きますね。。。

本日は多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と診断されてから体質改善の為に取り組んだ事についてお話ししたいと思います。

PCOSで不妊治療をしている方にとって最も重要なミッションは“今月は排卵が出来るかどうか”ではないでしょうか?

PCOSと診断された方の中でも、時間はかかるものの薬を飲まずに自力で排卵出来る方、排卵誘発剤を服用したら排卵する方、排卵誘発剤の注射で排卵する方、排卵誘発剤が全く効かない方、、、様々だと思います。

前々回のブログでも触れましたが私は排卵誘発剤のクロミッドを服用しただけでは全く卵胞が育ちませんでした。

色々調べていく中でインスリン抵抗性血糖値というワードに辿り着き食酢がインスリン抵抗性に効果があると知りました。

その時は「インスリン抵抗性とはなんぞや?!」と思いつつも、可能性があるものは片っ端からやってやるぞ!と思いさっそくリンゴ酢を飲み始めることにしました。

(色々飲み比べた結果ミツカンのまろやかリンゴ酢が一番飲みやすかったです!)

毎朝リンゴ酢を牛乳で割った物と夕飯前にお湯割りした物を2カ月ほど飲み続け、生理開始からクロミッド2錠を5日間飲み1週間後久々に病院へ卵胞チェックに向かいました。

内診台に呼ばれドキドキしながらエコー画面を見ていると、、、

 

左右に10mm、13mm、16mmと大きくなっている卵胞が映っているではありませんか、、、!!!

今までは6mm〜8mm程の卵胞が複数あるのみでビクともしなかった卵胞が、この時初めてエコーで大きくなった卵胞を見ることができました!!!

先生もビクともしなかった卵胞が大きくなったことに驚いていらっしゃいました。

この日は更に卵胞を育てるためにHMG注射という注射をして来週再度卵胞チェックの予約を取り病院を後にしました。

 

今までは卵胞チェックのたびに全く育っていない卵胞を見ては内診台の上で一人泣きそうになるのをこらえていました。不妊治療は残酷にも頑張った分だけ結果が出るものではありません。副作用に悩まされながら薬を飲んでも、痛い注射に耐えても、頑張っても頑張っても上手くいかないことばかりです。

しかし、この日に初めて少し希望を持つことができました✨

 

もちろん、リンゴ酢だけの効果ではないと思いますが同時並行してやっていた体質改善については長くなるのでまた後日お話しします。

私は1日2杯ずつ飲んでいたので結構早いペースで飲み終わってしまうので楽天でまとめ買いしていました。宜しければリンクを貼りますので卵胞が大きくならずに悩んでいる方がいらっしゃれば試して頂けたら幸いです。

どうかPCOSで悩んでいる方のお力になれますように😊✨

 




タイトルとURLをコピーしました